第一種電気工事士試験対策講座

一般電気設備工事のスペシャリスト

講座説明 この資格は電気工事法の改正により創設された試験で、経済産業大臣が行う国家試験です。
一般用電気工作物(住宅・店舗)および500kw未満の自家用電気工作物(中小ビル・工場)を設置または変更する工事の作業に従事することができます。
電気工事に興味がある方におすすめです。
教材:オリジナル資料(CD-Rにて配布)

体験版はこちら

■受講開始について
※前月11日~当月10日までにお申込み(講座のご購入決済確認)いただいた分は、受講開始日は翌月の1日開始になります。
※当月11日~翌月10日までにお申し込み(講座のご購入決済確認)いただいた分は、受講開始が翌々月の1日から開始になります。

■この講座は、サポートは行っておりません。視聴のみのサービスです。
■この講座は、マチス教育システム社の講座を利用します。 ご受講の際は、システム利用・教材送付の関係上、お客様の個人情報(氏名、メールアドレス、住所、電話番号)が、マチス教育システム社に事前に共有されます。 予めご理解のほど、よろしくお願いいたします。
標準学習時間 21時間
動作環境 IntelPentium166MHz以上または同等以上の機種 Microsoft Windows 2000/XP/Vista/7 256MB以上のRAM 1.5Mbps以上のブロードバンド環境(ADSL・光ファイバー等) Internet Explorer 6.0以上(Webテストは7.0以上)推奨 Microsoft Windows MediaPlayer 9以上 200MB以上 音声出力端子(スピーカー・ヘッドフォンをご利用の場合) XGA(1024×774)以上の画面解像度推奨
受講期間 150日 税込価格 ¥26,000
投稿者名 株式会社マチス教育システム
Index
第1章 電気に関する基礎理論(3時間)
  • 1項 配線図・鑑別・選別問題(4時間)
    2項 第2回 磁気・静電気・コンデンサ回路・電気量等
    3項 第3回 単層交流の直並列回路・電力・電力量
    4項 第4回 三相交流デルタ/スター結線・過度現象
第2章 配電理論・配線設計・電気応用(3.5時間)
  • 1項 第1回 配電一般・単相3線式配電・電力損失
    2項 第2回 電圧降下1・電圧降下2・力率改善
    3項 第3回 需要率等・架空配電線路強度計算
    4項 第4回 屋内配線の設計・光源・照度計算
    5項 第5回 電熱・電動力応用・変圧器タップ電圧等
第3章 電気機器・高圧受電設備(4.5時間)
  • 1項 第1回 変圧器の損失・効率・並列運転等
    2項 第2回 変圧器の試験等・三相誘導電動機特性
    3項 第3回 同機器・絶縁材料・蓄電池・整流回路等
    4項 第4回 高圧受電設備構成・受電設備機器(Ⅰ)
    5項 第5回 高圧受電設備機器(Ⅱ)・高調波対策等
    6項 第6回 主遮断装置等・三相短絡電流・遮断容量
    7項 第7回 高圧用配線材料・低圧配線器具・工具等
第4章 電気工事の施工方法(3時間)
  • 1項 第1回 低圧屋内配線種類・接地工事・接近等
    2項 第2回 金属管・ケーブ工事・金属ダクト工事等
    3項 第3回 バスダクト工事・ライティングダクト工事等
    4項 第4回 特殊施設工事・高圧屋内・地中電線路等
    5項 第5回 高圧機器施設・高圧架空・地中引込線等
    6項 第6回 高圧の接地工事・高圧受電・低圧の問題
第5章 自家用電気工作物の検査(1時間)
  • 1項 第1回 電気機器・倍率分流・接地抵抗等の測定
    2項 第2回 絶縁耐力試験・検査/継電器試験等
第6章 発電・送電・電圧設備(1時間)
  • 1項 第1回 水力発電・ディーゼル発電・汽力発電
    2項 第2回 新エネルギー発電・送電・変電設備
第7章 電気保安に関する法令(1時間)
  • 1項 第1回 電気事業法・電気工事士法等
第8章 配線図・鑑別・選別問題(4時間)
  • 1項 第1回 高圧受電設備の単・複結線図・使用機器
    2項 第2回 高圧受電設備の図問題・制御回路基本等
    3項 第3回 電動機制御のスター・デルタ運転回路等
    4項 第4回 高圧受電設備機器・材料・低圧用材料等
    5項 第5回 工具・検査測定用計器・鑑別問題